JFN38.com
トップページ > 関東・甲信越・静岡ブロック

FM GUNMA("https://www.fmgunma.com/)

実況生中継 “30回目の夏” ~高校野球・群馬大会~

 7月27日、上毛新聞敷島球場で決勝が行われ、前橋育英が延長12回に一挙5点をあげ健大高崎を6-1で下して6度目の優勝で幕を閉じた、第103回 全国高等学校野球選手権群馬大会。

photo
(優勝が決まった瞬間の前橋育英高等学校)

 FM GUNMAは、1985年10月開局の翌年、86年7月から高校野球速報をスタート、各球場に速報要員を配し全試合の途中経過と結果を放送しました。大会期間中の速報回数は、91年大会で合計102回を数えます。
 そして1992年の夏、いよいよ現地からの実況生中継を開始。大会序盤は、速報で。ベスト16からは、球場から実況生中継。その後途切れる事なく現地から実況生中継を続け、営業、放送、技術が一丸となって取り組み、今年で30回目の夏となりました。

photo
(決勝時の上毛新聞敷島球場)

 豪雨や雷による試合の中断。降雨による試合開始の遅れ。夜間の雷による機材トラブル。はたまた実況者の寝坊による球場入りがギリギリになるなど、色々な事がありました。現地中継スタッフは、試合途中トイレには行けず、水分制限がマスト。食事出来るのは2試合の中継終了後。放送室がある球場はいいのですが、スタンド内に放送席を設置する場合もあり、正直ローカル局のスタッフ数で中継を行うには過酷な現場となっています。
 それでも、毎年春を迎えた頃、「今年の夏の高校野球はいつから?」「今年はスタンドにマイクを増やそうか」「今年の編成の枠組みはどうする?」など。自然と局内で会話が行われています。

photo
(密を回避する為に、実況と解説を別の部屋に配置し、タブレット越しでのトーク)

 また、Twitterの投稿が話題になった事も!!
「FM群馬の高校野球ツイートが謎すぎる なぜホラー風に?担当者を直撃すると...」
実際の今年のアップ画像は

photo

 おふざけでもなく、実際に公式アカウントから投稿した画像です。

 このフォントは15年から使用。ネット上でダウンロードできる「吐き溜」。
そして何故このようなフォントを使用しいているのか?
それは、

 「激闘感が出るから・・・」

 気になった方は、夏にFM GUNMAの公式Twitterを覗いてみてください。

photo

 今年の夏も、関係各所にご尽力いただき、無事、実況中継を実施する事が出来ました。
心より感謝申し上げます。

北海道・東北ブロック
photo
FM岩手
エフエム岩手開局記念日 特別番組「大滝詠一が残した風景」放送!
詳しくはこちら
リンク
関東・甲信越・静岡ブロック
photo
FM GUNMA
実況生中継 “30回目の夏” ~高校野球・群馬大会~
詳しくはこちら
リンク
中部・北陸ブロック
photo
FM AICHI
のべ54万人超のリスナーが参加 無事故無違反コンテスト「Do!Safety」
詳しくはこちら
リンク
近畿・中国・四国ブロック
photo
FM岡山
「絆」をテーマに3時間の生特番、“公共冷蔵庫”に寄付も
詳しくはこちら
リンク
九州・沖縄ブロック
photo
FM FUKUOKA
おしまイムズ THE LAST SHOW
詳しくはこちら
リンク